お子さんの新型コロナワクチン|なかむらこどもクリニック|登戸駅徒歩1分|川崎市多摩区の小児科・アレルギー科

  • 「登戸駅」徒歩1分
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2428番地 Noborito Gate Building 4階
044-935-5001
WEB予約
インフルエンザ予防接種
予診票ダウンロード
ヘッダー画像

お子さんの新型コロナワクチン

お子さんの新型コロナワクチン|なかむらこどもクリニック|登戸駅徒歩1分|川崎市多摩区の小児科・アレルギー科

お子さんの新型コロナワクチン

新型コロナウイルスワクチン(初回分)

12月以降は金曜日の予防接種専用時間(15:00)もしくは土曜日午前一般診療時間(10:15-11:30)にて継続します。川崎市コロナワクチン予約サイトからご予約下さい。

 

◆ 予約前に、下記をご確認ください。

  • 送付された接種券(クーポン券)が手元にお持ちである。
  • かかりつけ医がいる場合、接種が可能といわれている。
  • 2回目の接種予定日(3週間後の同時刻)に都合をつけることができる。
  • 16歳未満の方では、接種当日に保護者が同伴できる
  • 12歳となるお子さんでは、誕生日を超えている。

12歳になる方の接種に関して

川崎市では、2021年10月から12歳になる方は誕生月初旬に接種券が送付されます。誕生日が過ぎていないと接種できませんのでご注意下さい。

ワクチンの接種状況

当院の2021年8月から10月までの一般の方への接種回数は364回でした。

川崎市の各年代の接種状況(10月26日時点)によると10歳代 70.8%、20歳代 71.1%の方が、少なくとも1回の接種を終えているそうです。 

10代20代の若年男性への交互接種について

武田/モデルナ社のワクチン接種後の心筋炎等の発症は極めてまれ(25-29/1,000,000人)ですが、ファイザー社ワクチン(4-10/1,000,000人)に比べて頻度が高く報告されています。この頻度は同年代の方が新型コロナウイルスに感染した場合の発症頻度(834/1,000,000人)に比べて低いものの、ファイザー社ワクチンを希望される方も多いと思われます。厚生労働省は「10代・20代の男性で1回目の接種が武田/モデルナ社のワクチン、2回目が未接種の方について、御本人が2回目の接種についてファイザー社のワクチンの接種を希望する場合には、ファイザー社のワクチン接種を行う事が可能」としています。ご希望される方は4週間以上(中27日)の間隔を空けて、ご予約下さい。尚、他の年代や女性の方では、明らかな心筋炎などの頻度の差は認めておらず、1回目と2回目は原則同一ワクチンとなります。

詳しくはこちらをご覧ください。

ワクチンに関する相談窓口

ワクチンに関する一般的な相談

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター 電話 0120-761-770(午前9時~午後9時)

副反応に関する相談窓口

川崎市新型コロナウイルス感染症・ワクチン接種コールセンター 

電話番号 044-200-0730 受付時間 24時間(土日・祝日含む)

神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター 

電話番号 045-285-0719  受付時間 24時間(土日・祝日含む)

副反応等に係る医学的知見を必要とする、専門的な相談を受け付けるコールセンターです。

医療機関等の紹介は行っていないため、診察を希望される場合は、かかりつけ医・接種した医療機関にご相談ください。

詳しくはこちらを御覧ください。

日本小児科学会の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関する考え方の解説

日本小児科学会は12歳以上のお子さんもワクチン接種することに意義があるとしていますが、前提条件として接種を受ける本人がワクチン接種のメリット・デメリットに関して十分な理解していることが必要としています。

また、お子さんを新型コロナウイルス感染から守るためには、周囲の成人(子どもに関わる業務従事者等)へのワクチン接種が重要です。これは、子どもへの感染源の多くは周りにいる成人であることから、周囲の成人が免疫を獲得することが重要です。

 

ワクチン接種のメリット

ワクチンは16歳以上の約4万人を対象とした国外の研究では、2回接種後のワクチン効果は約95%で 、発症を予防する高い効果が報告されました。また、英国の研究結果から無症候性の感染を防ぐことも明らかになっています。

国外では、神経疾患、慢性呼吸器疾患および免疫不全症などの基礎疾患を有するお子さんで新型コロナウイルス感染症の重症化が報告されています。国内においても接種対象年齢となる基礎疾患のあるお子さんの重症化が危惧されますので、ワクチン接種がそれを防ぐことが期待されます。

多くの皆さんが接種することにより、より早く新型コロナ感染症が流行する以前の学校生活に戻れる可能性があります。

ワクチン接種のデメリット

ご高齢の方に比較して、思春期のお子さんでは接種した場所に痛みが出ることが多く(約90%)、特に2回目接種後に発熱、全身倦怠感、頭痛等の全身反応が起こる頻度も高いことが示されています(例:37.5℃以上の発熱は20代で約50%、50代で約30%、70代で約10%)。

とてもまれですが、主に若年の男性の方にワクチン接種数日以内に心筋炎が発生することが報告されています。発症した際には入院が必要になりますが、ほとんどは軽症であるとされています

健康なお子さんでは、新型コロナ感染症に罹患してもほとんどが重症化しないため、上記のデメリットは決して軽視できるものではありません。

お子さんへのワクチン接種は上記のようなメリット・デメリットとご家族の状況(ご高齢の方と同居しているなど)も勘案し、接種するか否かをお決めになってください。